初子のこと
近頃、初子のことを思い出すことが多い。

隼人が悠太にマウントして、結果むしり合いのけんかをするにつけ、
「初子がいたころはこういうことは少なかった」と思う。

弾丸ズをワクチンと健診に連れて行くつもりだった朝、目覚める直前に、病院通いをしていた頃の
初子と自分の姿がふっと浮かび、治療室に補液のために連れて行かれる初子に「ママここで待ってるからねー」と声を掛ける自分の声が聴こえたような気がした。
ベッドに寝転んで両脇に弾丸ズを抱えたまま、泣けて仕方がなかった。
隼人が不思議そうな顔で覗き込むからよけいに。

初子の最期の日々の過ごし方は、あれはあれでよかったのだと思えるようになったのも最近のこと。
もっともっと補液したり入院させたり、無理も出来たかもしれないけど、徐々に細く小さくなっていく命の火を、
慣れた我が家で燃やし尽くして、私の腕の中でふわっと軽くなって旅立つ瞬間を迎えた。
それでよかったのだと。

で、そろそろ、初子帰ってこないかな。
[PR]
by yayo_i0329 | 2013-10-20 14:32 | 初子
<< OPALに抱かれて あの部屋のその後 >>



悠太と隼人と初子と日々のつれづれ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
弾丸ズからのお知らせ
WEB Site

2011年11月10日
引っ越しに伴いプロバイダ変わりましたのでURLも変わりました。中身の更新は1年以上停滞しています(==;)

はなむぐり日記~弾丸ズといっしょ




☆お友達サイト☆
昔々あるところに にゃんこ大奥ありけり

昔々あるところに にゃんこ大奥ありけり 弐帖

越後屋徒然絵日記
フォロー中のブログ
タグ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧