カテゴリ:悠太( 32 )
魅惑のぽよよんボディ
ぽーよよ~ん ボデー♪ (ボデー♪ボデー♪ボデー♪)
(その昔、オール阪神・巨人がやっていた「車にポピー」のCMのノリ推奨)
e0012558_20542876.jpg


More
[PR]
by yayo_i0329 | 2010-04-24 21:05 | 悠太
子泣き爺
お、ジャストフィット。
e0012558_14331230.jpg

こら、引き出しに入ったらアカン。

悠太には毎日ものすごく何かをかぁちゃんに要求しながら生きている。
要求することが満たされるまで、あるいは諦めがつくまで、
おうおう、わうわう、なーぁなーぁと大きな声で啼きながらかぁちゃんを追い回す。
追い回すだけで足りないときは、座ったかぁちゃんの肩で爪を研ぐようなしぐさをする。
見ようによっては「ねぇ、かぁちゃん!ねぇ、かぁちゃん!」と言っているようで
とてもいじらしい。

では悠太が要求しているものとは何か、というと一言であらわすのは非常に難しいのだが、
どういったことでヤツが満足するかという一例を挙げると、

1.かぁちゃんのひざの上に乗って寝る
2.かぁちゃんの座った椅子の後ろ半分で、かぁちゃんのおケツに密着して寝る
3.かぁちゃんの背中に飛び掛り、背中から肩越しにかぁちゃんの頬を舐めまくる
4.ベッドに寝そべったかぁちゃんの、髪と額の半分くらいにかけて身体を乗せて寝る

いま、まさにこの瞬間、私がこの文章を書いているのも
悠太と半ケツ状態で椅子に座りながらである。
振り向くとヤツは箱になっており、視線に気づくとこちらを見上げる。
私のケツ(腰)は ほかほかとぬくい。

さてこの中で、何が一番困るかといえば「3.」だ。
かぁちゃんの背中に向かって飛びついてくるその様はまるで『子泣き爺』である。
映画『楢山節考』の息子よろしく、6kg超級の悠太を背負って立つことのつらさ( ̄△ ̄;
加えて、じゃりじゃりの舌で「じょーりじょり じょーりじょり」と舐められると、
タダでさえ荒れがちの肌がカサカサだ。
お風呂のあと寝る前にやられると、せっかく塗った保湿クリームは全部悠太に
舐め取られてしまうわけ。

どうしてこう要求が激しいのか、戸惑うこともあるけれども、
これは結局突き詰めると「かぁちゃんチャージ」なのだ。
ウチは3猫3様で愛情表現もそれぞれ。

自分の好きなときに「だけ」ちゃっちゃと胸によじ登ってきては短時間で抱っこと
なでなでを味わい、余韻もそこそこにサッと降りていくちゃっかり初子、
普段はむすーっとしているくせに、かぁちゃんが恋しくなると抱っこされにきて
よだれを垂らしながら恍惚の「鉄砲」を味わう隼人、
そして・・・意外に愛情表現のヘタな悠太。

来年も病気しないように、
怪我をしないように、
元気にたくさんごはん食べて、
よく寝て、
たくさんうんこしましょう(笑)

俺ずっとここにおったろかな。
e0012558_14542183.jpg

ほなアンタの好きなだけ そこへおいなはれ( ̄□ ̄;
[PR]
by yayo_i0329 | 2008-12-28 14:55 | 悠太
激突!
(・・・)
e0012558_16381257.jpg

(ぺろん)
e0012558_16382920.jpg

昔、『激突!』というタイトルの邦画があって、高校生だった私はわざわざ映画館まで見に行った。
主演は、先日亡くなった緒形拳だった。
大好きな俳優さんだった。
2年程前、国立劇場近くで思いがけずすれ違ったことがあって、
感激でフリーズしてしまって声もなく見送ったっけなー。
生きとし生けるものみないつかは死ぬとわかってはいるけれども、
やはり惜しまずには居られない。

ところで、激突である。
今朝、三連休の中日(昨日)急に仕事が入ってつぶれてしまったので
せめて最終日くらいはちょっとお出かけして身体を動かそう・・・と思って支度をしていたら、
「かぁちゃんお出かけ」を察知して弾丸ズが騒ぎ出した。

ずどどどどど・・・・・

と地響き(?)を立てて韋駄天・隼人と重戦車・悠太が部屋中を走り回る。
そこへ、軽量ながら威力抜群、小型爆弾・初子が参戦。
三すくみ入り乱れての大騒ぎ。

こうなるとかぁちゃんもお手上げなワケで、
内心トホホな思いでソファから蹴り落とされたクッションを拾い上げようと腰をかがめた。
そこはちょうど弾丸ズの攻防戦が行われていた猫塔のまん前。
折も折、かぁちゃんの背後から重戦車が猫塔めがけて突進を開始したところであった。

どごっ

鈍い音とともにかぁちゃんの顔面にありえない衝撃が走ったΣ( ̄△ ̄;
そう、重戦車・悠太が猫塔に向けて飛び上がった瞬間、腰をかがめたかぁちゃんの顔面にヒットしたのである。

6KG
重戦車の車体は6KGである。
加えて、全速力の加速がついている。
その激突の衝撃と来た日には・・・あわや小学生以来の鼻血ブーかと慌てたほどのすさまじさであった。

当の重戦車はかぁちゃんの鼻頭分のファンデーションが背中にくっついただけで
ノーダメージ。
e0012558_16552715.jpg

おまえはあほか!!
飛び上がるときはちょっと周りを見んかい(´・ω・`)

かぁちゃん、しばらくは衝撃の余波で声も出ず。
一瞬目の前が暗くなり、しかしそれでも、
「あぁ今頭蓋骨の中で脳みそが揺れたな」と妙に冷静(?)なことを考えたりもしたのだった。

とまれ、猫と激突して脳震盪、という事態を避けられたのは幸いであった。
恥ずかしいもんね。

ところで我が家にソファが来てからというもの、ソファの上で一家団欒(?)を楽しんでいる。
ソファにかぁちゃんが座ると、わらわらと猫どもが寄ってきてもたれかかるのだ。

甘ったれとスキンシップを楽しんだり。
e0012558_179545.jpg

うっかり読んでいる本を取られることもある( ̄□ ̄;
e0012558_1763092.jpg

かぁちゃんの大事な龍ちゃんがウッコの下敷きに・・・(涙)
                   (村上龍ではないですぞ)
e0012558_1915020.jpg

そ、そうすか(^^;;;

そしてソファそのものから追い出されることもある。
e0012558_17125574.jpg

猫の数珠繋ぎ。
これでも一家団欒か?(^^;

かぁちゃん、幸せか?
e0012558_1750319.jpg

う、ウン。
[PR]
by yayo_i0329 | 2008-10-13 17:14 | 悠太
座れよ、かぁちゃん
ただ春を待つのは、悲しくも楽しく。
e0012558_15284666.jpg

・・・・うーむ。

「おかぁひゃぁぁん おかぁひゃぁぁぁん」
とデカい声で鳴きながら悠太が後をついてくる。

「なんやな、悠ちゃん」

声を掛けると
「うもももも ごがー るるるるる」
と喉を鳴らして壁や柱に頭突きする。

「あかん。まンだお洗濯終わっとらへんで。」
「んなっ んなっ」
「なんやな。まんまか?あかん」
「なっ なっ もーゎっ」

この会話を何度も何度も繰り返している間にお洗濯が終わる。
やれやれ・・・とおこたに座る。
悠太がいそいそとひざに乗る。
なでようと手をあごの下に当てると、そのまま腕にあごを乗せて丸くなる。

用事を思い出す。
悠太をおこたのふとんごと持ち上げてひざから降ろして立ち上がる。

「おかぁひゃぁぁん おかぁひゃぁぁぁん」
とデカい声で鳴きながら悠太が後をついてくる。

「なんやな、悠ちゃん」

声を掛けると
「うもももも ごがー るるるるる」
と喉を鳴らして壁や柱に頭突きする。

「ちょっと待っとって。お茶碗洗うで。」
「んなっ んなっ」
「なんやな。まんまか?あかん」
「なっ なっ もーゎっ」

この会話を何度も何度も繰り返している間にお茶碗を洗い終わる。
やれやれ・・・とおこたに座る。
悠太がいそいそとひざに乗る。

・・・・・これを繰り返して休日は過ぎてゆく。
[PR]
by yayo_i0329 | 2008-01-27 15:39 | 悠太
筒っぽ
悠太のおなかのかゆかゆはおかげさまで無事完治。
9/10の夜には筒っぽ服も脱いだ。
あとは、バリカンで刈られた毛が生え揃えば良いだけだ。

脱皮直前の筒っぽショット。
普段から人間ベッドで我が物顔で寝ているのでベッドがぐちゃぐちゃで恥ずかしい。

今日はエエ天気や。
e0012558_18595284.jpg


うざこいなぁ かぁちゃんは・・・そんなに寄るなて。(←耳が嫌がっている)
e0012558_194333.jpg


ええかげんにせえて かぁちゃん。
e0012558_1952411.jpg


どこ撮っとんねん~~(怒)
e0012558_1955990.jpg

動物病院の先生が「ちゃちゃちゃっ」と即席で作ってくれた筒っぽ服だが、
すごくよく出来ていた。ちゃんとお尻は出ていて、トイレも気にせず出来るのだ。
切りっぱなしなのでボロボロにはなってしまったが、なんとなく捨てがたいので
洗濯して取って置くことにした。


俺は隼たんとねんねするんや。じゃましな。
e0012558_1985162.jpg

[PR]
by yayo_i0329 | 2007-09-15 19:09 | 悠太
台風の日、俺は筒になった
エリザベスとどっちか迷たんやけどな。
e0012558_1949969.jpg

ごはんの食べやすさを優先して筒を選んだんや。ね?

月曜日、いつものように掃除機でガーガーと悠太を吸っているとき
左の一番後ろ乳首の周囲の毛がほんの少し薄くなっていた。
「あれ?」とは思ったが、赤くなってもいないし、とそのまま放置。

火曜日、前の日に気づいた薄毛の範囲が広がっていた。
気にはなるが・・・・やはり赤みもなにもないので放置。

水曜日、薄毛の範囲はさらに広がり直径1cmほどに。
なめた形跡があり、乳首がほとんどわからない。
猛烈に心配になるが、この日は間の悪いことに朝から名古屋出張に出る日。
文字通り後ろ髪引かれる思いで出発。

そして今日木曜日、マッハで仕事を片付け、昼の新幹線に乗り帰京。
台風を口実に「直帰します~」と帰宅。

悠太のはげは直径2cmになり、皮膚にぽちぽちと赤みが。
そっと触れると、皮膚にごわっとした感触がある。

乳首の周囲=乳腺=乳がん

の図式が頭にぺかーっと点った。
木曜日、かかりつけの病院は予約診療の日だが、電話で事情を話すと
「連れてきてください」の返事。
台風が近づく大粒の雨の中を悠太の入ったキャリーにだけ傘を差し、
かぁちゃんはずぶぬれで病院へ行ってきた。

思えば2年前のちょうどこんな頃、隼人がストラバイトを患って台風の中を
しっこを持って病院へ駆けつけたんだった。
身体の不調は、暑い時期の後にやってくるということか。

病院での診察の結果は、「なめ壊し」とのことだった。
きっかけは何かはわからないが、乳首が気になってなめ始め、なめると気になって
さらになめ、なめすぎてかゆくなってまたなめる、、の悪循環に陥ったらしい。
細菌感染だったり皮膚がんだったり乳がんだったり、の心配はまずないそうだ。

乳首の周囲をバリカンで刈って(ああ、ハゲポン・・・)、
かゆみ止めと抗生剤のお注射をちくん、としてもらってほっと一安心。
ところがそれだけでは終わらない。

「なめていたら絶対に治りませんから、エリザベスカラーを
つけるか腹巻風のお洋服をつけるかしていただきます」

なぬ?!
エリザベスってエリザベスって・・・あの「エリマキトカゲ」のことか。
あれだとごはんが食べにくいし、何より隼人と初子が嫌がるだろうな・・・。
試しに着けてみると、本猫むずかるむずかる。
首を振り振り「いやや、これ・・・取ってくれ~」と鳴く。

そこで、先生に「あら~キミは大きいわねえ~このサイズでは小さいかしらね~」
といわれつつ「腹巻風お洋服」を試着させてもらったら、「あら♪かわいい♪」
セーターを着たような、筒に入ったような悠太が完成。

筒っぽ悠太。
e0012558_2017932.jpg


本猫もむすっとはしているもののおとなしく、「もうエエやろ?」とキャリーへ
勝手に入ってしまうし、じゃ、これで決まりね。
あとはかゆみ止めと抗生剤を処方され、無罪放免。
帰宅後、心配した隼人と初子もそれほど嫌がらず受け入れてくれたし、
本猫はごはんも食べ、写真の通りおっとりと香箱を組んでいる。
あとはトイレをちゃんと使えるかどうかだけだ。

気をもんでないで、もっともっと早く病院へ行くべきだった。

診察代と薬代、¥7,000。
がんでないとわかった安心感、プライスレス(^ー^)v

このあっついのにセーターやで。
e0012558_20193976.jpg

早ければ3日で済むってよ。がんばろな。
[PR]
by yayo_i0329 | 2007-09-06 20:18 | 悠太
悠太のみる夢
夢?なんやったかな・・・・。
e0012558_19502932.jpg


知り合いがうつ病+パニック障害になってしまったと聞いて心を痛め、
友人の連れ合いが悪性腫瘍で二度も手術をしたと聞いて心を痛めた一週間だった。
良くなって欲しい、どちらも。
祈ることしか出来ないけれど。

のしいか家はありがたいことに平穏無事。
猫ズはどたどたと走り回ってバリバリとまんまをたくさん食べ、
かぁちゃんの上に重石になってぐっすり眠り、
ブラッシングで大量に「ほにゃ毛」(アンダーコートをうちではこう呼ぶ)が
抜けてつるつるすべすべ。ご機嫌だ。

ようやく暖かくなってきたので猫ズの寝場所もおこたを出、椅子の上やマットの上で眠る姿を見るようになってきた。
冬の間、私が家に居るときは必ずどこか身体の一部を私にくっつけて眠っていた猫ズが離れて寝るようになり、スッキリした反面ちと寂しい。

ところで。
うちの猫ズが私を呼ぶときの声はおおよそ各自で決まっている。
隼人は

がぁちゃん!!

だし、悠太は

ぉかぁぁぁひゃぁぁぁぁん

だし、初子は

ちゃーちゃ!

だ。

わからん?いや、わかるのよコレが。

久しぶりにゆっくり出来た先週の日曜日、おこたに入って図書館から借りた本を読んでいたときのこと。
私のモモの上には隼人が丸まり、おこたの中にはウンコちゃんが入っていたが、悠太だけは寝室に居た。
静かな時間をやぶって、突然悠太の大声がする。

ぉかぁぁぁひゃぁぁぁぁん

?どうした?悠太?なんかおったのか?
私を呼びながらこちらへ来るのかと思いきや、数分待っても姿を見せない。
おかしいなぁ…と隼人を降ろして寝室を覗いてみたら、悠太は椅子の上でまん丸になって熟睡中。
ということは、あの大声は…
寝言?!(゚Д゚)
夢の中でもおかあちゃんを呼ぶあたりが悠太の可愛いところであろう。
しかし驚いた。

実は悠太の寝言にびっくりさせられることは多い。
悠太はうんこするときに鳴いて予告をする猫なのだが、お得意の

うんこ~が~で~る~よ~♪

の歌を寝言で歌うこともあるのだ。
うんこの歌が聞こえるのでトイレ掃除しなくちゃ…と構えていたら本人は寝ていた、ということがあったのである。
おいおい、まぎらわしい歌うたうなよ(´・ω・`)

そんな悠太のお気に入りは、夜かぁちゃんの枕に半分身体を乗せて眠ること。
私の顔のすぐ脇に悠太のどてっ腹があるわけだ。
おそらく寝言を言っていると思うのだが、まったく気づかないということはかぁちゃんは毎晩熟睡できているということなのであろう。うむ。

おっ!なんか通った!
e0012558_20312169.jpg

キミが乗ってる棚さ、荷重10kgなんだよね。みしみしいってるよね。
[PR]
by yayo_i0329 | 2007-04-14 20:35 | 悠太
禁断の…
ぷーたろー@えぷろん飛行隊隊長ふうちゃんもすなる
禁断のサイズ測定なるもの、
悠太もしてみんとてするなり。

それっ

e0012558_12353718.jpg


48cm!!
ってことは…隊長よりふうちゃんよりスリムやんか!!

あ、ごめんね、ふうちゃん、隊長(-人-;;
測り方がいかんのかな?誤差?
体重は悠太が一番ごぶれいしてる(=一番重い、の意味なり)のになぁ。

えいっ こなくそ こなくそ こんなもん! かじったる! 
e0012558_1237248.jpg

そんな、メジャーにあたってどないしますねん。

余談。
片手で撮影するために久しぶりにコンパクトカメラ君の出動を要請したのだが、シャッターの遅さに辟易( ̄△ ̄;
よくこんなカメラで撮ってたなぁ…。
イチガン君は片手では撮影できないし、こういうときのために新しいカメラがほすい。
[PR]
by yayo_i0329 | 2007-03-24 12:39 | 悠太
恍惚の「の」の字マッサージ
実はな、うんこ詰まりやったんや。
e0012558_20481528.jpg

悠太の吐き戻しは、どうやら毛球のせいで便秘になっていたのが原因だったらしい。

獣医さんを受診した折、毛球対策はしていますかと問われ、そういえばしばらくラキサトーンをサボっている、と思い出したのだ。

我が家では「猫草」は与えていない。
なるべく「吐く」という動作をさせたくないのと、草はアルカリ性だからおしっこがアルカリに傾きやすいストラバイト結石持ちの弾丸ズには食べさせられないと思っているから。
毛球対策ごはんも、結石対策の療法食が常食の弾丸ズには無縁。
だから唯一の対策は毛球除去剤=ラキサトーンなのだ。

そういえば、近頃悠太のうんこは3日に1回くらいだ。
もしかして、詰まってる…?

そう思ったら急に心配になり、毎晩寝る前にラキサトーンをたっぷりなめさせ続けた。
しかし、毛球うんこは出ない。
火曜の朝にも、土曜の朝にも食後に吐いた。これはイカン。

そーっと悠太のおなかを触ると、心なしか硬いような気がする。
しかし、触っても嫌がらない。
そこで便秘といえば!の「の」の字マッサージをしてみた。

悠太の大好きな「掃除機がーがー」(掃除機で身体を吸うこと)をダシに、ついでにおなかをマッサージ。
すると、嫌がるどころか「ゴロンゴロン」転がり、私の腕に頭を擦り付けてくるのだ。
気持ち良さそうにゴロゴロいい、半目になって恍惚状態。
気持ちがいいのだ。

なんだかイイカンジ。便秘対策ではあるものの、スキンシップとしてもこれはとてもイイ。
悠太の「もったり」したおなかをなでていると、会社に行くのを忘れそうだ。

とまれ、毎朝マッサージとラキサトーンを続けること4日。

出ました

猛烈なにほひを放つ、大量の毛球うんこ(爆)
すごいのだ。まるで毛虫。いやホント。

こんなのが詰まってたら苦しいはずだ。
可哀想なことをした。
これで吐き戻しが収まってくれたらうれしいのだけど。

なめなめしたるわ、隼たん。
e0012558_219169.jpg

ブラッシングをもっとしなくちゃね。
[PR]
by yayo_i0329 | 2007-02-17 21:11 | 悠太
悠太病院へ行く
オレがわん公より重いからって何か文句あるんか。
e0012558_19122512.jpg

朝、また悠太が吐いた。
これで吐いたのは都合4回目、一度病院へ連れて行くことにする。
当初の予定では母を東京駅まで送っていくつもりだったのだが、母が気を使って強行に「独りで帰る」と言い張り、名残を惜しむまもなく朝の8時に家を出て行ってしまった。

寝巻きのまま母を見送り、急いで身支度をして悠太をキャリーに詰め出発。
幸いイチバン乗り出来た。

先生にごはんの直後に吐くのだという事情を話すと、「猫ちゃんには割りとよくあることですよ」と予想通りの返事。
そこを食い下がって、血液検査と電解質の検査をお願いした。
「あと気になることはありますか?」と訊かれ、前から少し気になっていた「おしり付近を触ると怒る」話をすると、「肛門腺を絞ってみましょう」と言われ別室へ。

あ、その前に体重測定の結果。
はかりになっている診察台に乗せると、目盛りが

6.3、4、3、4 ・・・

とめまぐるしく変わり、3で止まってくれ・・・という願いむなしく

6.4

あ"ー。
がっくりする私に先生が「あ、でも前々回の受診の時とまったく同じですよ」となぐさめの一言。
しかし先生、触診の際なぐさめてくれたのと同じ口で「あらあら、おなかたぷたぷで(内臓に?)触れないわね~」だと。
はぁ。ま、しゃないですわ。

血液検査の結果は、白血球が正常値より少なかった。あとは、アルブミンなるたんぱく質が多少高め。
でもおおむね、というよりほとんど正常で心配なしだそうだ。
心配していた腎機能も正常。
ただ、エイズ検査と白血病検査をしてみてはどうかと勧められた。

これは私もかねてから悩んでいるのだ。
初子は里親募集中に検査をしてどちらも陰性だったが、悠太隼人は引き取った頃は2ヶ月のちびだったので実施しておらず、その後は里子に出すわけもなくそのまま検査は受けさせていない。
健康管理の意味でも受けるべきかも。
陰性なら問題ないし、もしも陽性だったら、日々の生活にそれ相応の気遣いが出来るし。

あと、電解質のバランスも問題なし。
ゆえに、輸液もされなかった。

「おしり」のほうはといえば、肛門腺液が「たっぷり」と出たらしい(^^;
今までに絞ったことは?「アリマセン」ずいぶん溜まってましたよ・・・「スミマセン」とひたすら小さくなるしかない。
先生の見解では、おしりが気になっていたことが吐いたことのひとつの遠因かもしれないとのこと。
そのくらい溜まっていたらしい。ごめんね悠太(--;

絞り方を教えてもらったのだが、独りではちょっとなぁ。
定期的に病院へ連れて行って絞ってもらおうか。

というわけで診察は無事済み、お会計を待つ間にちびっとショックなことがあった。
同じく診察に来ていたプードルの体重が「4.2kg」だと聞かされたのだ。
そのプードル、太っては居なかったが痩せてもおらず、割と体格がよかった。
な、なのに悠太より2kgも軽い( ̄□ ̄;

待合室で悠太を綺麗だとほめてくれ、体重の話もしていた、シーズーの幼犬を連れてきていた親子連れのお嬢さんに「猫ちゃんのほうがあのわんちゃんより重いのね~」と言われ、
悠太はまるで恥じる様にキャリーの敷物の下にもぐってしまい、余計笑われた。
あう。

オレ身軽やぞ。猫塔にも上がれるし。
e0012558_1936273.jpg

でぶちんでも悠ちゃんが元気ならそれでかぁちゃんはいいのさ。
[PR]
by yayo_i0329 | 2007-02-12 19:38 | 悠太



悠太と隼人と初子と日々のつれづれ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
弾丸ズからのお知らせ
WEB Site

2011年11月10日
引っ越しに伴いプロバイダ変わりましたのでURLも変わりました。中身の更新は1年以上停滞しています(==;)

はなむぐり日記~弾丸ズといっしょ




☆お友達サイト☆
昔々あるところに にゃんこ大奥ありけり

昔々あるところに にゃんこ大奥ありけり 弐帖

越後屋徒然絵日記
フォロー中のブログ
タグ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧